お役立ち情報

紫外線に要注意!疲労・疲れ目の原因

もうすぐ春分の日、日の出てる時間が冬に比べ、かなり長くなってきたことを、皆様も感じてるのではないでしょうか。

少しずつ、暖かくなって、過ごしやすくなってきた半面、紫外線の量も増えてきています。

紫外線は、皮膚を日焼けさせるだけではなく、眼に入った情報から、脳にストレスを与え、疲労の原因になると考えられています。

この時期は、寒暖差による疲労もあり、疲労を強く感じる時期ですので、外出の際は目を紫外線から守るために、

サングラスやUVカット機能付きのメガネなどを着用し、紫外線から目を守るようにしましょう。

そして、体の疲労感や、目の疲れを感じた際には、濡れタオルをレンジなどで40度前後に温め、目の周辺を温めるのが効果的。

(温度には注意してください。熱すぎるとやけどの原因になります。)

目の周辺の筋肉の血行を良くし、目を休めることで、高いリラックス効果が望め、疲労感の軽減にもつながります。

また、鼻づまりも改善したりするので、花粉症のこの季節にはもってこいですよ。(効果には個人差があります。)

疲労により、免疫力が低下しているような人は、花粉症の発症リスクが高くなる傾向があるといわれています。疲労を貯めないように気をつけましょう。

 

当院では、この時期特有の強い疲労感の軽減に、目の周辺を中心にしたフェイスマッサージやヘッドマッサージを行っています。

興味のある方は、一度お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA